ATMの手数料が値上がりします。

 

最近ATMの手数料が値上がりしました。

 

利用のたびに手数料を取られたりとか、ある回数を超えると手数料が発生したり様々です。

 

ですが、数千円の利用で数百円も手数料が取られるのは、どうも損をしている気分です。

 

というわけで、家庭で出来る防衛術を考えて実行してみました。

 

まずは、銀行を利用する回数を減らすようにしてみます。お金借りたいなんて思っても借りません。

 

今までは買い物のたびに数千円引き出してスーパーなどへ行っていたのですが、それでは手数料がかかります。

 

ということでATMを利用するのは月に一回とか二回に限定するべきという結論にいたりました。利用する日にまとめて数万円引き出します。預け入れも一回にまとめます。日常行うのは現金引き出しが多いので、この引き出し回数を個人で制限します。数万円引き出したら、自宅の金庫でお金を保管します。私がおすすめしたいのは小口現金帳を作ることです。小口現金とは日常的に細かい買い物などで使うためのお金です。

 

その小口現金帳によって、今自宅にいくら現金が残っているか分かります。忘れても小口現金帳を見るだけで正確に分かります。この資料は実は有用で、日付と期間も分かるので後から見て月にいくら使ったかが理解できます。

 

前月にいくら使ったか分かれば今月いくら必要かも自然と判明するというわけです。シーズンによって上下があるのであれば、昨年度の小口現金帳を参照すれば大丈夫です。分かりにくい自宅の現金管理は出入金と残高の記録をした帳簿を作ることをおすすめします。

貯金はコツコツと!

お金はいくらあっても困りません。

 

でも思い通りにはたまってくれないし、知らない間に消えていく・・・。

 

この前3万円おろしたのに、もう財布の中は5000円しかないなんてことよくありませんか?

 

稼ぐのは大変なのに、減るのは一瞬。本当に不思議です。

 

 

いつ何時お金は必要になるかわかりません。

 

病院代、結婚式のご祝儀・・・予想外の出費は重なるものです。

 

そんなとき、はやり貯金はある程度もっておきたいですよね。土日お金借りる?なんて誘惑にも負けたくありません。

 

 

 

私は学生時代とてもお金遣いが荒く、バイト代は月の初めに使い果たしていました。

 

いつも急な出費に困ったことをよく覚えています。

 

そこで、就職したらちゃんと貯金をしよう!と決め、給料から5万は強制的にに定期に貯金されるようにしました。

 

当時社会人はお金をたくさん持っている、5万の貯金なんて余裕だ!と思っていましたが、現実は厳しい・・・。

 

5万貯金してしまうと、手元に残るのは数万円・・・。

 

どんなに節約しても赤字になることは多々ありました。

 

しかし、ボーナスが入る時期になると、お金に余裕もでき、5万円の貯金もだいぶ楽になってきました。

 

それから、社会人2年目、3年目・・・と歳を重ねていくうちに5万円の貯金は当たり前となっていきました。

 

気が付くともう5年がすぎました。単純計算で300万たまっているはずです。

 

初めは厳しかったけど、特に努力することもなく300万貯めることができて、今では社会人1年目の自分に感謝です。

 

せっかくなのでこれからも続けていこうと思います。